【メルカリ】ゆうゆうメルカリ便の発送手順(コンビニ)

メルカリは、簡単に物を「売り買い」ができる、便利なサービスですよね!
不要な本や服、アクセサリーなど、簡単に「販売&お小遣い稼ぎ」ができちゃいますよね。

でもメルカリの初心者にとっては、最初は「出品時の発送方法」がよく分からないものです。

今回は「ゆうゆうメルカリ便でコンビニから商品を発送する」方法について、みていきましょう。

メルカリ便の大きなメリット

メルカリで、商品を購入する際や、出品して発送する際に、一番カンタンな方法がこの「メルカリ便」です。

まずは、以下の「メルカリ便のメリット」をお読みくださいませ。

メルカリ便の大きなメリット

・宛名書きが不要

宛名書きって、実はかなり面倒な作業だったりしますよね?
名前や住所とかも間違ってはいけないし、手書きでしょ?
今の時代、便利なサービスはどんどん活用しましょう!・匿名配送
匿名で配送が出来ます。メルカリはとても便利な反面、やはり相手先に住所が知られてしまうのは、色々とリスクもあります。
特に女性の方にとっては、とても重要なことでは無いでしょうか?
匿名配送を利用し、安心して取引き出来ますね。・配送状況がアプリ上で、簡単に確認できる
配送状況がほぼリアルタイムでわかります。
例えば、「輸送中」だとか、「配達中」だとか、「配達済み」とか全てわかります。
本当に商品が届いたか分かるのは、とても安心ですね

・配送中の物損などの、補償が付く
これって、商品によっては結構重要じゃないでしょうか?
安い本とかであればまだしも、高価なアクセサリや、割れ物等が、物損あるいは、盗難にあったりしたら、出品者・購入者お互いに悲しいですよね?
メルカリ便は補償が付くのです!

【ゆうゆうメルカリ便】コンビニ発送

それでは実際にメルカリ便の発送について、流れをみていきましょう!

「ゆうゆうメルカリ便」の料金などを知りたい人はこちら
※メルカリ便について詳細を知りたい方を上記より確認してくださいね。

1.コンビニ発送方法の流れ(概要)

【ゆうゆうメルカリ便】とは、メルカリと日本郵便が提携して出来た配送サービスの事です。
ゆうゆうメルカリ便では、次のステップでカンタンに発送することができます。

ゆうゆうメルカリ便の発送方法

1.配送方法を選択商品の出品時に、アプリまたはWebページ上で配送方法を選択します。
2.売れたら発送商品が売れたら、荷物を梱包して、発送方法を選択します。
3.発送場所へ持込みローソン、郵便局 に持ち込みし、発送手続きをします。
発送は、コンビニと郵便局で出来ます。※参考画像(ローソンに設置されている「Loppi」)

※参考画像(郵便局に設置されている「ゆうプリタッチ」
4.完了これで完了です。あとは商品が、購入者のもとへ届くのを待つだけでOK。カンタンですね。

2.コンビニ発送方法の流れ(具体例)

1.商品が売れる

まず、商品が売れると下記のように、アプリの右上に、「通知」がきます。
「やることリスト」に購入情報が表示されます。タップしてみよう!
やることリストをタップ。

2.購入者へお礼を送る

とりあえず、購入していただいた方へお礼を送っておきましょう!
絶対に送る必要は無いのですが、お礼を送っておくと、気持ちの良い取引ができます。

購入者へお礼を送る場合、送る数が多くなってくると、結構めんどうになってきますよね。(購入者の方、申し訳ありません・・・
そんな時には、iPhoneユーザーであれば、下記の「ショートカット」というアプリが、すごく便利です。これは定型文を用意しておき、自動的に、定型文をクリップボードへコピーしてくれる超便利アプリなのです。(つまり、定型文の文字をコピーした状態になる。あとはペーストするだけでOK)
詳細はこちらを見てくださいね。

3.梱包をします

購入者へ一旦、お礼を送ったら、次は梱包作業になります。
わたしの場合、今回は本が売れたので、下記のような手順で梱包しました。
まず、商品が濡れないように、透明のクリアポケットなどに包みます。

わたしは、小さめの本が売れたので、「ゆうゆうメルカリ便」の「ゆうパケット」を選択しました。
どの発送方法を選択してよいのか、わからない場合は、下記を参照してくださいね。
「ゆうゆうメルカリ便」の料金などを知りたい人はこちら

クリアポケットは、100円ショップで、10枚入りで100円でした。
本を包んだら、セロハンテープなどで止めます。
(あと、セロハンテープで止めすぎると、袋が開けづらいので、ほどほどにしましょう)
また、実際にはこれで、梱包を終了してもよいのですが、購入者によっては、中の商品が見える事を、嫌う場合があります。
なので、極力、封筒のようなものにいれると良いでしょう。
封筒も、100円ショップで、13枚入り100円で売っています。
封筒が無ければ、別の商品のいれものであったり、アマゾンから届いた、
封筒みたいなものでもよいでしょう。

こんなカンジですね。壊れ物などは、緩衝材に包みましょう。(一応マナーとして)

封筒やクリアポケットは、100円ショップで売っています。
封筒:13枚入り100円
クリアポケット:10枚入り100円
※封筒が無ければ、アマゾンや書店で購入した際に、送られてくるような、専用の袋などもよいでしょう。

しかし、ここで、注意点があります。
今回は送料を抑えるため、
「ゆうゆうメルカリ便」の「ゆうパケット」を選択しました。
ゆうパケットは、厚さが、3cmまでとなっています。
梱包の仕方や商品の包み方によっては、3cmを超えてしまうケースがよくあります。

この点を注意して梱包してくださいね。

【ゆうパケットのサイズと重さ】
・大きさA4サイズ程度
・厚さが3cm
・重さが1Kg

まで送れるので、こちらに変更することも検討してください。

これで、梱包できました。

4.コンビニへ行く前に、発送方法を確定しておきます。

今回はコンビニで発送するつもりのなので、アプリの画面から「コンビニから発送」を選択します。

すると、画面の下に「配送用2次元コードの生成」という欄があらわれます。
ここで、発送サイズを選びます。
今回は本なので「ゆうパケット」を選んでおきます。
今回は、ゆうパケット(A4)を選択しました。荷物のサイズによっては、ゆうパックも選択可能です。

QRコードが表示されます。


すると、「QRコード」表示されます。
次の「コンビニで発送の手続き」を行う際に使用するので、忘れないでくださいね。
これで、コンビニへ行く前の準備は、全て整いました。

5.コンビニで発送の手続き

梱包のあとは、コンビニでの発送処理となります。
コンビニは、ローソンが選択できます。

※他の配送方法としては、郵便局への持ち込みも可能です。

今回は「ローソン」で発送してみます。

6.Loppiを操作する

1.まず、ローソンの「Loppi」へ行きます。
2.「Loppi」の画面をタッチします。
3.下の方に、「メルカリなど発送したい」と出ているので、タッチします。

4.あとは、画面にしたがって、操作すればOKです。
※途中で、先程のQRコードをスキャンしますので、準備してくださいね。

5.最後まで処理すると、伝票が出てきます。

7.伝票を店員さんへ見せる

出てきた伝票をコンビニの店員さんへ見せます。

8.伝票を商品へ添付

店員さんから、配送伝票は渡されるので、自分で、貼り付けポケットに入れて、その後、商品に、「ペタッと貼り付けて」終了です。

9.発送終了

最後に、店員さんから、自分の控えをもらうのを忘れないでね。

以上で発送処理は終わりです。

最後に

お疲れ様でした!
以外とカンタンにできたのではないでしょうか?
えっ、わからなかった?
もう一度、ブログ内の記事を見直してみてくださいね。
慣れれば、次回からはもっと、カンタンに出来るようになります。

それでは、良いメルカリ・ライフを!

最新情報をチェックしよう!
    >現役エンジニアによるエンジニア・ブロガー・アフィリエイターのためのサイト

    現役エンジニアによるエンジニア・ブロガー・アフィリエイターのためのサイト

    情報を必要としている全ての人たちのために有益となるサイトを目指しています。1記事毎、丁寧に分かりやすく完結に書くことを意識しています。皆様の一助になりますと幸いです。

    CTR IMG