【RPA実践】UiPathのインストール手順

RPA

RPAという用語が世の中に出回ってから、大分経ちますが、企業にもかなり浸透し始めているようです。

今回は、RPAとは何か、簡単にご説明するとともに、実際に手を動かしながら、RPAを体験していただきたいと思います。
決して難しくありませんから、みなさんもぜひ、この機会にRPAへチャレンジしてみてくださいね!

RPA の定義
結論として、RPAとは「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の略です。
念のため、Wikipedia を引用しますと・・・

 RPAとは?
ロボティック・プロセス・オートメーションとは、認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者とも言われている。
など

よく勘違いされるのが、「AI(人工知能)」と「RPA」は同じでは無いの?と思われる人がいますが、全く違います。
簡単に言うと以下のようになります。

・「RPA」は、人間を行う「動作」を機械に覚えさせて高速で処理をさせる技術
一方、
・「Ai」は人間の脳を模倣し、自己学習する事を可能とした技術

と考える事が出来ると思います。

それでは、実際に具体的な手順を踏まえて、RPAをインストールしてみましょう!

RPAのインストール

RPAを行うためには、様々のソフトウェア会社から専用のソフトウェアが、無償・有償にて販売されています。
RPAソフトウェアに比較について後日ご説明しますね。
今回は、無償で利用が可能で、操作が簡単な「UiPath」を使用します。

1.UiPathのホームページの「トライアルの開始」をクリックします。

UiPah ダウンロードページ

次に、「UiPath Community Edtition」の中の「Community Edtionを使用する」をクリックします。

必要な情報を全て入力して、最後に「Communityエディションのダウンロード」をクリックします。

登録が完了すると、E-mail が届きますので、メール内のリンクよりダウンロードしてください。
または、下記の画面よりダウンロードも可能です。

ダウンロードが完了したら、インストール用ファイルを実行します。

一通り、インストールが完了すると、下記の画面が表示されますので、メールアドレスを入力して、「アクティベーション」をクリックします

最後に、下記の画面が表示されますので、「Community Edtion のアクティベーション」を選択します。

これで、インストールが完了しました。

実際のRPAの操作方法についてこちらを参照してください

最新情報をチェックしよう!

    RPAの最新記事8件

    >現役エンジニアによるエンジニア・ブロガー・アフィリエイターのためのサイト

    現役エンジニアによるエンジニア・ブロガー・アフィリエイターのためのサイト

    情報を必要としている全ての人たちのために有益となるサイトを目指しています。1記事毎、丁寧に分かりやすく完結に書くことを意識しています。皆様の一助になりますと幸いです。

    CTR IMG